期間がとても短縮されて免許取得することができる

免許取得するまでの期間を大幅に縮めることができるのも合宿免許のメリットであり、管理する側である教習所にもメリットがあることから、それが費用に表れて安く免許取得をすることができます。さらにもっとうまく利用する方法もありますので、見ていきましょう。

さらに取得期間を短縮することも可能な教習所もある

教習所によって取得できる期間がそれぞれ異なっています。最短になると2週間と考えてください。それ以上になると観光プランなどもあることから、3週間ほど掛かることになります。教習所のプランによって取得できるまでの期間が明らかに違いますので、そうみるとけっしてどこでも良いわけではないことがわかるでしょう。

なるたけ早く取得したい人もいるはずです。学生ではなく、まとまった期間が2週間ほどしかないのであれば、当然そのような計画を立てなければいけません。教習所の違いを知り、合宿免許に参加しましょう。そうしなれば、希望する期間で免許の取得をすることができなくなってしまいます。

補習についてよく理解しその対策もしておこう

免許の取得ができる期間が最短で2週間と言いましたが、合格できなければ意味がありません。教習所の卒業試験を経て、そこから運転免許試験を受けてようやく免許証が交付されることになります。卒業試験をクリアできなければ、当然合宿所から抜け出すことはできません。

学科はクリアできるけれど運転の方が苦手、もしくはその逆とさまざまな苦労をすることもあるでしょう。補習になってしまえば、当然最短での免許取得はあきらめないといけません。そうならないためにも、真面目に講習や教習に励むことをおすすめします。卒業が延期されることになると、費用もその分上乗せされますので、良いことはありません。

余計なものは捨てて必要なものは取り入れるように

最短で卒業をしたいのであれば、余計なものは捨てましょう。その代表格になっているのが観光プランなどの、親睦を深めた教習所の催しです。最短で免許取得を目指している人ほど余計なものになりますので、そのような教習所は避けた方が無難です。

また万が一補習を受けることもあるでしょう。よって計画は万全に立てておくことをおすすめします。補習が発生しても追加料金を取られないプランもありますので、自信がない人はそのようなプランも利用すると良いでしょう。最短2週間の取得であっても、補習の可能性もあります。休みは余分にとっておいても無駄にはなりませんので、余裕を持った計画を立てて合宿免許に参加してください。