合宿免許で取得することで起きるメリット

若い人に人気の免許取得になっているのが、合宿免許です。いろいろとメリットがあり、合理的な取得方法になっていますが、その反面もちろんデメリットもありますので、それを認識してから免許取得方法を選ぶことをおすすめします。

とにかく料金が安くなるメリットを持っている

通学で免許を取得するよりも、合宿で取得した方が料金的にも安くなるメリットを持っています。講習料と宿泊料を請求されることになりますが、教習所によってはいろんなプランがありますので、それによってはさらに安くすることも可能です。たとえば食費。食事付きもあったり、ワンルームに宿泊をして自炊をするプランもありますので、費用が問題な方にこそ、おすすめできる取得方法になるでしょう。

また通学をするときにお金が掛かってしまうこともあります。地方になると教習所から通学バスが出ることもありますが、都心になると公共の交通手段を使って通わないといけないことも。そうなると交通費も掛かることになります。それを失くすことができますので、費用に関して見れば、そこまでデメリットが生じることはありません。

出会いに関して期待を持っている人も多い場所

合宿免許といえば安く取得することができるメリットと同時に出てくるのが出会いになります。恋人候補を見つける合宿になる可能性もありますし、生涯の友に出会える可能性もあるでしょう。これを期待して通学ではなく合宿を求めている人もいるくらいです。ただしそう期待しないようにしましょう。あくまでもその時の感情になり、それは冷めてしまうことも多いです。

また遠距離になる可能性が高くなります。各地から訪れますので、近い人と巡り合わなければ遠距離になり、結果自然消滅といったことも。人によってはその出会いそのものを求めていない人もいるでしょう。飲み会や休日のレジャーに誘われることもあり、ひとりの時間を楽しみたい人にとってみれば、それが苦痛になることもあります。

遊びながら免許取得をすることができる方法

すべての教習所に該当しているわけではありませんが、レジャーを楽しめる場所に構えている学校もあることから、休日は遊ぶことができます。それによって恋人や友人ができることも少なくありません。観光地にある学校もありますので、思い出も作れるでしょう。特に大学のサークルで集団にて免許取得するときに使われることも多いです。出会いを求めている人は、なるたけレジャー施設や観光地を売りにしている学校を選択することをおすすめします。

またそのような場所は、道路事情が講習向けになっていることも。人通りが少ないことから仮免になったときの路上教習がとても楽になることも。ただし免許を取得した後に、そのギャップに苦労することもありますので、これはデメリットとして指摘できます。

いろいろとあるデメリットについては認識しておくべき

良い反面、確かなデメリットも存在していることがわかるでしょう。自分が求めているメリットがあるのであれば、そのデメリットは霞むものになり、特に問題になることは少ないはずです。しかしデメリットが強調することになってしまえば、合宿免許が持つ最大のメリットになる費用が安いことさえも霞んでしまうことになるでしょう。だからこそデメリットについて、よく認識しておくべきです。

合宿免許は合理的に免許取得することができる手段になっていますが、出会いを求めて遊び半分に来ていることも多いです。そうなるとひとりで自分の時間を過ごしたいと考えている人は、苦痛の2~3週間になってしまうでしょう。そのことをよく考えてから応募してください。